2016年08月12日

30代40代の妊活・子宝にシンゲンメディカルの男女兼用サプリを

最近まで、不妊の理由の多くは女性側にある、とされてきました。
精子は何歳になってももつが、卵子の質が35歳頃から低下してきて、
それが不妊の原因になるのだと。

しかし、最近の研究で、精子の質の方も35歳頃を境に低下する
ということが明らかになっています。

30代40代が不妊治療や妊活を成功させ子宝を授かるには、
妻側だけでなく、夫側にも妻同様の対策が必要といえるのです。

airplane.gif 卵子や精子の「質」が落ちるとは?

さて、卵子や精子の「質」が落ちる、低下するとは
どのような状態をさすのでしょうか?

それは、精子と卵子の活動エネルギーの源となる
生殖細胞ミトコンドリア」の活動が弱まった状態です。

ミトコンドリアは、細胞の中にある器官で、日々の生活に不可欠な
「活動エネルギーを作り出す」という、生命の維持に決して欠かせない
ものなのです。

ではどうして「ミトコンドリア」の活動が弱まるのでしょう。
ざっくりいうと、それが「老化」。

体の老化というのは、細胞の「酸化」によって起こるといっても
過言ではありません。

酸化によって何が起こるかというと、「ミトコンドリア」の
「活動エネルギー」が奪われるのです。

日々の活動に不可欠な活動エネルギーを作り出すことが
ままならなくなると、新陳代謝が正常に行なわれなくなり、
結果として古い細胞が体の中に残り、老化現象として現れるのです。

精子や卵子にもそれは影響します。

活動エネルギーが不十分な卵子は充分に細胞分裂しません。
結果、正常な受精や着床につながらなくなったりします。

airplane.gif イースタティックミネラルは「抗酸化」よりもっと強力な「還元」効果

そんな精子や卵子の酸化を防ぐどころか、「還元」して若返り?
をさせてしまうのがイースタティックミネラルという成分。

シンゲンメディカルは、そんなイースタティックミネラルをはじめ、
「ジオスゲニン配糖体」、「アグリゴン型イソフラボン」を
バランスよく配合した不妊治療サプリを開発したのです。

それが「ミトコア300mg」というサプリ。
既にだいぶ話題になっているようなので、
あなたもご存知かもしれません。

airplane.gif このサプリ、イースタティックミネラルだけではない!

「ジオスゲニン配糖体」は女性・男性ホルモンの活性に働きかける
という効果を持っているようです。

また、「アグリゴン型イソフラボン」は血流改善と自律神経安定化の
効果があり、それによって効率的なホルモン分泌を促すのだそうです。
「ミトコア300mg」はイースタティックミネラルだけではないのです。

3つの成分どれもが、男女両方に働きかけるのが大きな特徴といえます。

また、「ミトコア300mg」以外の製品にも言えることですが、
シンゲンメディカルの製品は、地道な基礎研究の積み上げによって
生み出されていることが、効果が話題となっている理由でしょう。

30代40代、特に30代後半からの、子宝に恵まれたいと
真剣に考えている、妊活中ご夫婦に最適といえるサプリです。
今進めている不妊治療に支障なく摂取できるのも大きな特徴!

まさに30代40代の不妊治療を科学する男女兼用のサプリだと
思いますよ。慎重に検討してみて下さい。



posted by シンゲン at 19:50| Comment(0) | シンゲンメディカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。